1. HOME
  2. 薄毛の種類

薄毛の種類

最近なんだか髪の毛の量が少ないと感じた方、薄毛や脱毛症を分類していくので、自分の症状に合わせて治療をしてあげてください。

薄毛の種類

1.男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)

思春期以降の主に成人男性に見られるものです。主に頭のてっぺんorおでこから、または両方から毛髪が減ります。 進行するといわゆるハゲの見ためになります。

2.女性男性型脱毛症(FAGA)

上記の女性バージョンで「びまん性脱毛症」とも言います。男性と違うのは頭髪がまんべんなく薄くなっていき、髪の毛のつやもなくなっていくことです。更年期前後に発症しやすいです。

3.円形脱毛症

円形脱毛症

名前の通り髪の毛が丸く抜け落ちます。先に挙げた2つとは違い、円形脱毛症の場合は10円ハゲなどとあだ名がつく程度には頭皮が丸見えになります。酷いときは一か所だけでなく数か所にわたって症状が出る人もいます。

4.脂漏性脱毛症・ひこう性脱毛症

脂漏性脱毛症・ひこう性脱毛症

脂漏性脱毛症は頭皮において皮膚の油分の分泌が盛んなため、毛穴に油が詰まり、元気な髪の毛の育成が妨害されます。
その結果、髪の毛の育毛サイクルに悪い意味で作用し、薄毛が悪化します。

ひこう性脱毛症は脂漏性脱毛症とは真逆でカサカサに乾燥した頭皮からフケが出ると、頭皮が正常な育毛を行えないので髪が薄くなるという流れです。
脂漏性・ひこう性のどちらにしても、異常な状態になった頭皮が起こした炎症で毛根に強烈な影響を与えることは発毛にダイレクトに響くということです。

5.対症性脱毛症

やけどや怪我を負った部分が頭皮からさらに皮下組織にまで被害が及んだ場合、髪の毛の育毛システムが止まり、頭皮に髪が生えなくなることです。

6.結髪性脱毛症

またの名を牽引性脱毛症といい、女性に多いものですが、髪の毛を結ぶなどして負荷がかかりすぎてしまった場合に毛根の踏ん張る力が弱くなって、徐々に髪が抜けた結果がこれです。

7.老人性脱毛症

加齢により毛穴が退化して頭皮が髪の毛の生成を行わなくなる状態です。若い方のハゲは毛根が休止状態であるので、治療薬の使用等でまた元の育毛サイクルに戻ることもあり得ますが、老人性の場合の治療は少し厳しいです。

皆さんはどれに当てはまりましたか?種類に合わせて適切な治療を始めましょう!

また、治療に関してはミノキシジルで治療するプロペシアで治療するをご参照ください。

ミノキシジルタブレット通販
ミノキシジルタブレット通販
メニュー
カテゴリー
海外医薬品の個人輸入