1. HOME
  2. 薄毛の要因

薄毛の要因

では薄毛のモトってなんでしょうか?

薄毛の原因

薄毛の要因とは?

そもそもAGAの大前提として男性ホルモンの1種、テストステロンというものが、5α-還元酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)となってしまうのが薄毛に繋がるのです。

これだけだとなんだか呪文にしか聞こえないのでこれからより砕いてお話します!

薄毛の因果関係はホルモンと祖先代々の遺伝子にあります。

上記のテストステロンというものは男性の成長過程において必要不可欠で、その働きは思春期頃には筋肉や男性器の発達、いわゆる多幸感ややる気などの精神的に影響をもたらすドーパミンの分泌にも役立っています。

なのでこのホルモンだけでは髪の毛は薄くなりません。

ドーパミンの分泌

テストステロンが悪友とつるんでDHTになった結果、頭皮へのいたずらを始めて毛髪の育毛周期に作用し、毛穴に正常な栄養が送り込まれなくなった結果、頭髪が痩せたり、生えてこなくなったりします。

実は、悪友の5α-還元酵素はテストステロンの量が加齢とともに減ってくると、自分と結合しようと持ち掛けてDHTとなります。髪の毛の育成には毛母細胞という細胞が毛乳頭からエネルギーをもらって細胞の分裂を繰り返すのですが、DHTは毛乳頭の男性ホルモン受容体と結合しやすく、毛母細胞の細胞分裂を妨げます。また、血液が毛乳頭に栄養を運ぶ行為も妨害するので次第に髪の毛が弱っていくのです。

これになぜ遺伝が関係するかというと、先祖に薄毛の人がいれば将来的にはその家系の男性は薄毛になるといいますが、遺伝子によって5α-還元酵素がもともと多い人が存在するからなのです。

そのような方はいわゆるハゲの家系と呼ばれる方でもホルモンが減少しないように対策を立てたり、薄毛予防に向けて早め早めの作戦を立てることで遺伝子への抵抗は可能です!

さらに遺伝子的には問題なくとも、乱れた生活や精神疲労によって5α-還元酵素が増えてAGAが発現することもあるので、念頭に置いておいてください。

ミノキシジルタブレット通販
ミノキシジルタブレット通販
メニュー
カテゴリー
海外医薬品の個人輸入