1. HOME
  2. プロペシアの誕生

プロペシアの誕生

プロペシアですが、中身の成分はフィナステリドと呼ばれています。1991年に始まった前立腺の肥大の為の薬の開発が1992年に満を持して製品の発売に至った後、低用量での使用で発毛したとの報告が上がりました。米メルク社は改めてAGAに効果があるとして研究、診療を行った結果、1997年にアメリカでAGA治療薬として認可を受けました。

時計

男性特有の病気に悩まされていたのに、ついでに別の悩みも解決するなんて一気にバラ色人生ですし、おかげで世界中の方に希望を持たせることも出来ましたね。しかも比較的副作用も少ないとされていて21世紀を迎えるにあたって新しい時代に良い結果を残せたのではないでしょうか。

日本でもきちんと臨床がなされて2005年に正式な認可を受けました。比較的、薬の認可が遅いといわれている日本ですが、プロペシアと同時に服用してはいけない薬を服用している方々の副作用が後を絶たなかったので急がれたのでしょう。個人輸入で利用している以上、そこは自己責任だと思いますが…認可されている方が安心して使えますね。

研究

ちなみに日本での扱いとしては髪の毛の為の薬という位置付けのみで、前立腺肥大や癌の薬としては認可を受けていません。ただし、一般的なAGA治療における配合は0.2mgもしくは1.0mgなのですが、前立腺のための飲み薬の高配合なものを個人的に輸入して服用することは可能です。

その場合は薄毛の治療とはパッケージに記載されていませんし、薬は外用薬よりも内服薬のほうが直接内臓から吸収されて効果が出やすいのでその分副作用も出やすいと言われていますのであくまで自己責任でお願いします。

ミノキシジルとの違いとしてプロペシアは処方箋でもらえる飲む薬、ミノキシジルは市販の医薬品として扱われていて皮膚に直接塗る薬ということです。さらに、現在はミノキシジルも飲む用の薬があります。

どちらの薬も効き方が違うので同時期の使用も出来ますし、推奨します。別のページで実際に使う場合について書いておきましたのでご参照ください。

ミノキシジルタブレット通販
ミノキシジルタブレット通販
メニュー
カテゴリー
海外医薬品の個人輸入