運命だったミノキシジル!薄毛時代からモテ期へ変えたプロペシア

運命だったミノキシジル!薄毛時代からモテ期へ変えたプロペシア

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果でモテモテに!

ミノキシジルの特徴

ミノキシジルとは、血管拡張作用により、高血圧の治療薬として開発されましたが、開発途中に副作用として発毛効果が現れ、今日に至ります。
日本では、これを有効成分としたリアップの液体塗り薬が大正製薬から発売され、薬局で市販され、日本で唯一直接購入できるミノキシジル製剤といえます。また、これは処方箋も不要ですし、タブレットに比べ、副作用もなく使いやすいものです。
発毛に至るメカニズムはというと、血管拡張作用が血流増加につながり、毛根への血流も増大・改善したのではないかと考えられています。
この薬剤のタブレット(錠剤)は、日本ではその副作用のため、処方されてはいませんが、海外より個人輸入の形で購入することは可能です。この成分が有効成分として、海外で販売されている薬といえば、ロ二テン、ロゲイン、カークランド、ミノキシジルタブレットがあります。日本では個人輸入するしかないため、副作用等も考慮に入れて、購入する必要があります。
その副作用とは、血管拡張作用からくる低血圧、頭皮以外に発毛効果が表れる多毛症、性的不感症、性欲減退、過敏症による発熱、ニキビや肌荒れなどが挙げられます。
その中で最も危険な副作用は、低血圧ですが、それは何故かというと、タブレットはアメリカでも高血圧の治療薬としてのみ認可がおりており、血圧を下げる効果が非常に優れているためです。高血圧でない方が服用した場合、一気に血圧が下降する可能性があります。更には、高血圧の方も、病院で血圧降下剤を処方されている場合、ダブルで血圧を下げてしまうという危険もあるので、個人の自己判断で服用する場合は、その点も含めて使用すべきでしょう。
そして、女性の服用はお勧めできません。なぜなら、男性よりも筋肉量が少なく、生理周期や女性ホルモンの変化によって、ただでさえむくみやすいのに、これを服用するとかえってむくみが増大する可能性があるからです。
薄毛治療といえば、プロペシアも、ミノキシジルと同様に人気の発毛剤ですが、開発国のアメリカ食品医薬品局、通称FDAでは、今年に入り、EU諸国に次いで、副作用の注意喚起が提示されることになったとのことです。内容は、勃起不全、射精不全、抑うつ症状の悪化などです。開発した製薬会社のメリク社の注意書きにも記載するよう勧告が出たとのことです。
プロペシアは日本では、内服の錠剤として唯一、処方箋薬として処方され、手に入れることができますが、上記の副作用は、使用中止後もしばらく続くことが認められたため、服用の際は、最新の注意を払う必要がありそうです。

■参考サイト
 プロペシア通販ガイドで、薄毛治療に有効なミノキシジル製品を確認する