ミノキシジルの特徴

ヘアブラシ

ミノキシジルとは、血管拡張作用により、高血圧の治療薬として開発されましたが、開発途中に副作用として発毛効果が現れ、今日に至ります。
日本では、これを有効成分としたリアップの液体塗り薬が大正製薬から発売され、薬局で市販され、日本で唯一直接購入できるミノキシジル製剤といえます。また、これは処方箋も不要ですし、タブレットに比べ、副作用もなく使いやすいものです。
発毛に至るメカニズムはというと、血管拡張作用が血流増加につながり、毛根への血流も増大・改善したのではないかと考えられています。

ミノキシジル

この薬剤のタブレット(錠剤)は、日本ではその副作用のため、処方されてはいませんが、海外より個人輸入の形で購入することは可能です。この成分が有効成分として、海外で販売されている薬といえば、ロ二テン、ロゲイン、カークランド、ミノキシジルタブレットがあります。日本では個人輸入するしかないため、副作用等も考慮に入れて、購入する必要があります。

注意点

その副作用とは、血管拡張作用からくる低血圧、頭皮以外に発毛効果が表れる多毛症、性的不感症、性欲減退、過敏症による発熱、ニキビや肌荒れなどが挙げられます。

その中で最も危険な副作用は、低血圧ですが、それは何故かというと、タブレットはアメリカでも高血圧の治療薬としてのみ認可がおりており、血圧を下げる効果が非常に優れているためです。高血圧でない方が服用した場合、一気に血圧が下降する可能性があります。更には、高血圧の方も、病院で血圧降下剤を処方されている場合、ダブルで血圧を下げてしまうという危険もあるので、

個人の自己判断で服用する場合は、その点も含めて使用すべきでしょう。
そして、女性の服用はお勧めできません。なぜなら、男性よりも筋肉量が少なく、生理周期や女性ホルモンの変化によって、ただでさえむくみやすいのに、これを服用するとかえってむくみが増大する可能性があるからです。

薄毛対策でよく聞くプロペシアって何?

プロペシア

薄毛治療といえば、プロペシアも、ミノキシジルと同様に人気の発毛剤ですが、開発国のアメリカ食品医薬品局、通称FDAでは、今年に入り、EU諸国に次いで、副作用の注意喚起が提示されることになったとのことです。内容は、勃起不全、射精不全、抑うつ症状の悪化などです。開発した製薬会社のメリク社の注意書きにも記載するよう勧告が出ました。

しかし、プロペシアの服用によってAGAを引き起こすホルモンの生成が抑制されるので、ひとまずこれ以上髪の毛を失いたくない方に効果を発揮してくれるでしょう。

日本では、内服の錠剤として唯一、処方箋薬として手に入れることができますが、上記の副作用は、使用中止後もしばらく続くことが認められたため、服用の際は、最新の注意を払う必要がありそうです。詳しくはプロペシアでの治療方法にて。

病院治療と医薬品の個人輸入

病院で薄毛治療をしたい場合や個人治療向けの医薬品の輸入について説明したいと思います。

病院治療

薬の分類

まず簡単に分類すると

ミノキシジル→ドラッグストアで買う、個人輸入
ミノキシジルのジェネリック→現行存在しません
ミノキシジルのタブレット→病院での処方、個人輸入のみ
プロペシア→病院での処方、個人輸入
プロペシアのジェネリック→病院での処方、個人輸入
例外:ミノキシジル配合の液体薬(ロゲインのジェネリック)≒リアップ製品シリーズ→個人輸入可

気になる治療費

病院でAGA治療をする場合、初診料や薬代が安くて5000~10000円かかり、再診すると15000~30000円必要な病院もあります。何故なら、治療項目自体が保険適用外であり、AGA治療薬の殆どが薬価未収載で医師側が勝手に値段を決められるからです。まともに病院で治療しようとすると毎月1回は病院に足を運んでやれカウンセリング、やれ血液検査だので時間とお金がいくらあっても足りません。

病院治療

AGA治療自体が長期戦を前提としているのにもかかわらず、途中で経済的にきつくなり治療を中断、断念してしまえば今まで服用していた薬の効果が切れてただのお金と時間の浪費だった…と途方に暮れる前に!

このサイトでは病院治療を否定しているわけではなく、脱毛症は様々な原因から引き起こされるものであり、男性に目立つものの女性も例外ではありません。ですので、最初はどのような要因から起こった脱毛症なのかを専門家に判断してもらうのはとても大切なことです。その上でAGAの場合はある程度の手間や見極めをすれば安く治療は可能であるということを伝えたいのです。

笑顔の男性

これからも医療技術の発達によってAGAの治療方法も多岐にわたることと思いますが、未来を待っていても薄くなりゆく髪の毛は増えてはくれないのです。グッバイ俺の髪の毛!からハローふさふさヘアのイケてる俺となるべく、AGAの治療はなるべく早く始めた方が早く効果も出ます。

具体的な話をするならば、ミノキシジルは市販のを使用したとして高くつくプロペシアだけでも個人輸入で海外から購入したり、皮膚は元から余計なものを排除する力があるので塗るミノキシジルから飲むミノキシジルに変えたいという場合にもまだまだミノキシジルタブレットを処方してくれる病院は少ない(そして高いです)ので、通販を検討するという手もあります。

ミノキシジルタブレット通販

こちらの記事もオススメです

ミノキシジルでの治療

ミノキシジルでの治療は毛を生やすための行為であり、薄毛の進行を遅らせるもしくはブレーキをかけるプロペシアとは対をなす役割です。市販では塗り薬がありますが、近年ではより効果を出すために飲み薬の販売も個人輸入もしくは一部の専門機関で行われています。

詳細はこちら

ミノキシジルでの発毛効果

ミノキシジルでの発毛に対する効果は血圧降下剤としての能力を応用して頭皮の血管を広げて毛根にある毛乳頭細胞に発毛の為の栄養を運びやすくしています。しかし他の血圧降下剤では効果がみられないことから具体的なことは分かっていませんが、効果に関してはお墨付きです。

詳細はこちら

プロペシアとの併用

プロペシアとミノキシジルを並行して使うことによってこれ以上の抜け毛を止めて、また再び髪の毛を生やさせるというプロセスを同時に行うことが出来ます。 作用の仕方が違うので併用に関しては自己判断ではなく、専門治療機関でも勧められている正攻法の治療方法です。

詳細はこちら

ミノキシジルタブレット通販
メニュー
カテゴリー
海外医薬品の個人輸入